セローに乗って尾小屋鉱山へ

画像

映画の寅さんシリーズの第9作に「男はつらいよ 柴又慕情」で尾小屋鉄道が
登場したことがあるそうな。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5419/
画像
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsk-1803/index.htm

               尾小屋鉱山
画像

天和2年(1682年)のころには金山として稼働していたが、その後廃山となり、宝永年間(1704年-1710年)再び金の採掘を始めたが、生産量が少なかったことから、また廃山となった。尾小屋鉱山が脚光をあびるのは明治以降のことで、銅山としてである。尾小屋鉱山は、江戸時代から金山として注目され、幾度か試験的な採掘がなされてきた。しかし、金山としては品位が低く、盛業にはいたらなかった。1880年(明治13年)に加賀藩の家老であった横山家が経営に加わり、銅山としての試掘を開始。1886年(明治19年)に銅鉱石の新鉱脈が発見されてから隆盛期を迎える。1896年(明治29年)洪水を機に坑内の施設を近代的なものに変え、1903年(明治36年)には、銅生産量が、1,000tを超えた。その後、1920年(大正9年)の2度のストライキなど、労働争議が頻発し1931年(昭和6年)には経営が行き詰まり、鉱山は日本鉱業の手に渡り、1962年(昭和37年)には北陸鉱山へと再三経営者が変わったが、1971年(昭和46年)閉山された。
繊維産業にたずさわる女性労働者が大半を占めた県下の労働界で、最盛期には2000人を越え町全体で5000人超えたといわれるこの鉱山だが今はその面影すらなかった。現在の尾小屋は灯の消えた過疎の山。過疎化と共に尾小屋鉄道も昭和52年に廃止されてしまったそうな。

               尾小屋マインロード
画像


画像


                尾小屋で唯一のお店屋さん  
画像


                廃墟の跡地
画像


top
http://hirokimu.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

猫が好き♪
2010年06月20日 16:42
 放送地域を確かめていないのですが、その『男はつらいよ・柴又慕情』、明日(2010/06/21)地上波で放送されるようです。尾小屋鉄道が出てくるのは冒頭のっけであるらしいので、ご興味がおありでしたらご覧くださいまし。

この記事へのトラックバック

  • あした『男はつらいよ・柴又慕情』をやるらしい

    Excerpt:  表題の通りで、あした『男はつらいよ・柴又慕情』をやるらしい。これがどううちんちと関係してくるかってゆーと、尾小屋鉄道がらみ。たしか冒頭のっけに尾小屋鉄道が出てくるのではなかったか。放送エリアは未確認.. Weblog: 鉄道のある風景weblog racked: 2010-06-20 16:41